FLAT-OUT 脳出血で倒れて

ホーム > その時から > 優しいサディストA




 

 優しいサディストA
  櫻井先生はOT(作業療法士)担当でした。社会的な復帰能力を高めるために日常動作や応用動作などの訓練(治療)をしてくれました。若く綺麗な女性で優しそうで安心しました…。治療が始まる前まではね!
「そんなにくっついちゃうとドキドキするじゃん!」と思うより早く、「うっ!」という言葉と目が涙で周りがぼやけて倒れそう(って倒れてるかぁ)。綺麗な女性との時間がこんなに辛く苦しい時間になろうとは…リハビリとはこれほど哀しい時間を積み上げる訓練なんだと思いました。
 
 学生い頃、水泳部の練習で基礎トレーニング(腕立てとか腹筋とか)を死ぬほどやらされ体力には自身がありましたが、笑顔で
「あと1回」とか「もう少し」とか容赦のない責めに悲鳴を上げてしまうことも何度となくありました。ちょっと見方を変えればSMの女王様のように見えなくもない後景です。私はMの趣味は無く、どちらかというとSタイプ。S女王様OTとM患者なら辛い(楽しい)

 

 
リハビリも乗り越えられるでしょうが、S女王様OTとS患者では「40分1本
勝負!」。
「今日は絶対に勝つ」と思って試合に臨むのだけれど、形勢は非常に不利、必殺技のオンパレードで敢え無く玉砕。いつも泣いていました。
 
 ある日、
「明日は入浴訓練だから、お風呂で待ち合わせね!」「え?それって二人で風呂に入るのかぁ?」 ちょっと期待した当日、「他の患者さんも入浴してるし、男の先生も入っているじゃん!」おまけに「櫻井女王様は服着てるじゃん!」それをいうと「ハハハハ!」と笑い飛ばしていました。こういう人達(医療関係)は「女じゃないな!まぁ女じゃ困るんだろうけどね」
 今日、少なからず生活出来ているのは櫻井先生のお蔭です。とても感謝しています。あまり深酒をしないように。
 
 

先生 私 私(頭の中)