FLAT-OUT 脳出血で倒れて

ホーム > その時から > 天使と悪魔B




 

 天使と悪魔B
 看護師さんの中には「大丈夫かぁ?」と言うような人が何人かいた。普段の厳しい職場環境で「疲れているんだろう」と思うのだけれど…
 朝食の時、隣りの席で年老いた患者の世話をしていた看護師さんに突然話かけられた。「ねぇ、どこか違う働き口知らない?医療関係はもううんざりなんだよねぇ…」 私は当然喋れないから苦笑いするしかないのだけれど、「そんなこと患者に聞くかぁ?」 病院の食事がいっそう不味いモノになったのは事実です。
 発症から一ヶ月間は、車椅子での移動は看護師さんにしてもらいました。日中忙しい時などは本当に申し訳ないくらいです。しかし‘廊下に置き去り’はないでしょう?! それも1度や2度なら笑い事で済ますんだけど、10分15分は当たり前。自分でなんとか病室に行ける努力をすれば、他の看護師さんから「かってなことをするな!許可が出ていないでしょ!」と怒られる。なんと理不尽なことか…「入院患者はたくさん時間があるんだから」ってことなの? 私は待っている間、忘れられていることにシバシバ気付きました。1時間も同じ所で待た

 

 
されて「あ!ゴメンゴメン!」って… 好きな人とのデートの待ち合わせじゃないんだから愚痴の一つも出るよ。(喋れないけどね)